レモン青汁

妊娠をするとつわりやホルモンバランスの変化で、食欲が出なかったりすることが多くなります。
そのため、お腹の赤ちゃんにしっかりと栄養が行き届いているのか不安になることがありますよね。

食事は満足にとれないけど、しっかりと栄養を補いたい

しかし栄養補助食品やサプリに手を伸ばそうとして見みるものの、「どれが良いか分からない」「安心安全な成分で作られているのか不安」といった声も多く上がっているのが現実なのです。hatena-1184896__340

それでは一体どのような商品が安心安全に栄養を補えるのでしょうか。
結論から先に言いますと、私は断然「レモンの青汁」をおすすめします。

  1. その理由はズバリ3つ!・たった1杯で1日に必要な美容成分を125%摂取できる
    レモンのさっぱりとした味でゴクゴク飲めちゃう
    こだわりの製品加工と原材料

そう、このレモンの青汁には妊娠中に嬉しい葉酸や、美容成分などがたっぷりと配合されている上にレモン味でさっぱり飲めちゃうからつわりのママにも大人気の商品なんです。
もちろん妊娠中の方に限らず、女性を中心として人気沸騰中の商品で、なんと楽天市場健康維持(青汁)部門でも第1位を獲っているというのですから、どれだけ多くの方に愛飲されているのが分かりますよね。

そこで今回はレモンの青汁についてさらに詳しく知るべく、妊娠中に気になる成分から副作用、そしてお得な購入方法まで徹底的に調べてみました!

レモンの青汁ってそもそも何!?

レモンの青汁はその商品名の通り、レモン果汁成分がぎゅっと含まれた美容効果の高い青汁商品です。
コップ1杯飲むことで体の中からすっきり美人になれるとして女性を中心に人気を集めています。
そんなレモンの青汁はさっぱりとした味わいだけでなく、使用されている成分にもこだわりがあります。

レモンの青汁の気になる成分①ビタミンC

 

レモンの代表的な成分とも言えるビタミンCには若々しさを保つ効果があり、
ニキビや肌トラブルの解決にも重宝します。

それゆえビタミンCは女性には欠かせない美容成分だと言えますが、レモン青汁には1日に必要なビタミンCがなんと125%も配合されているんです。

 レモンのすっきりとした味わいで妊娠中の快適な生活をサポートします。

レモンの青汁の気になる成分②ケール

一般的な青汁商品にもよく使用されているケール。

ケールには豊富なミネラルが含まれており、ビタミンAやビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、β-カロチン、食物繊維、カルシウム、カリウム、たんぱく質、ルテイン、葉酸など群を抜いた成分含有量を誇るので別名「スーパー野菜」としても愛されています。

野菜不足が気になる方や、外食が多い方、また成長期のお子様にも嬉しい野菜です。

【必見】レモンの青汁の人気の秘訣はこだわりの製法にもアリ!?

  1. レモンの青汁が妊婦の女性に人気を博しているのも実はこだわりの製法にあると言われています。
    ポイントごとにまとめてみると…・安心安全の国内栽培
    ・無農薬・無化学肥料
    ・こだわりのスプレードライ製法
    ・食物繊維除去でたっぷり成分を吸収

レモンの青汁に含まれるケールは豊かな土壌ときれいな水で育った大分県の国東半島が原産地です。

しかも一切の農薬と化学肥料を使用せずに、1枚1枚手作業で栽培されたこのケールは安心安全を徹底しています。

そのほかにもレモンの青汁に配合されているビタミンや酵素を壊さないように特殊な「スプレードライ製法」を採用し、「食物繊維を除去」して余すことなく成分を吸収できるように加工しているから、たっぷり健康に良い成分を体に取り込むことができるんです。

製造方法にこだわっているレモンの青汁だからこそ、小さなお子様からお年寄りまで安心して飲めるロングヒットセラー商品になっています。

427133
レモンの青汁は成分を余すことなく体に吸収できる特殊な製造方法と、こだわりの原材料、そして安心安全の無農薬・無化学肥料で妊婦の方はもちろん、誰でも安心して飲める青汁となっています。

公開日:
最終更新日:2017/11/06